1024プロミス 【最短30分で借りられる】


プロミス

プロミス

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
パート・アルバイト 融資時間 収入証明
可能 最短30分 50万円以下不要

プロミス

1024-1

クレジットカードと規制緩和

クレジットカードと規制緩和-即日キャッシングに関する画像

近年の規制緩和の波は、クレジットカード産業にも大きな影響を与えています。

クレジットカードには、銀行や銀行の系列子会社が発行する銀行系クレジットカード、大手スーパーや百貨店などが独自に発行する流通系クレジットカード、信販会社が発行する信販系クレジットカード、さらには鉄道会社や航空会社、石油系会社というような一般企業や団体が発行するメーカー系クレジットカードの4つに大別することができます。

金融自由化を背景に、特にメーカー系のクレジットカードは規制緩和の進行や業界の再編成などで、競争が激しさを増しているようです。

クレジットカード業に新規参入する企業や団体も増え続けています。

組織力やこれまでに培ってきたブランド力、また資金力といったものを武器にクレジットカード業への新規参入組は着々と力を蓄えつつあり、今後もその比率は伸びていくものと予想されています。

規制緩和という点でいえば、クレジットカード決済の「CtoG」への進出にも触れておく必要があるでしょう。

規制緩和の流れを受け、クレジットカード決済の市場は、物販の分野などにとどまらず、電気料金やガス料金、水道料金といった公共料金の支払いという分野にまで範囲を広げようとしています。

クレジットカード決済がまだ浸透していない「公金市場」は、今後クレジットカード業界の可能性を広げるキーワードの一つとなっているわけなのです。

国民が支払っている公共料金の総額は、ちょっと想像しただけでも莫大なものであることがわかります。

それらをすべてクレジットカードで支払うことになれば、各クレジットカード会社には莫大な手数料が入ることになります。

利用者にとっても、公共料金のクレジットカード払いは利便性の高いものですが、クレジットカード各社にとってみると、これは優良顧客を囲い込む効果的な手段となります。

現在口座振替や、コンビニ支払いなどの支払い方法がとられている公共料金を、クレジットカード払いに変更するということは、そのクレジットカードがその人にとってのメインカードになる可能性が高いと考えられるからです。

メインカードになれば、多彩なシーンでの利用によってクレジットカードのブランドを浸透させることが可能になります。

今後は、公共料金のクレジット払いへの変更が強く呼びかけられることが予想され、ボーナスポイントやキャンペーンなども増えてくると思われます。

カード利用者にとっては、自分に一番お得なクレジットカードを見定める一つの機会となるかもしれません。

1024-2

消費者金融の一本化

消費者金融の一本化-即日キャッシングに関する画像

消費者金融を一本化するということはどういったことかというと、複数の消費者金融で借入があるという人が利息の支払いが厳しくなってきたために一つの会社からの借り入れにまとめることで返済や利息の支払いなどに関してかなり負担が軽くなるというのが消費者金融の一本化です。

最近は銀行などが消費者金融の一本化を目的としたおまとめローンという商品を出していることでも知られています。

この消費者金融の一本化をすることで返済の面でもかなり負担が減りますし、精神的なストレスも減るのではないでしょうか。

やはり消費者金融で何件も借入があるというだけで、精神的にストレスがたまってしまいます。

精神的にストレスがたまる理由はやはりそれぞれバラバラの返済日で消費者金融へ返済を繰り返していく必要がありますからそれが大変だという人も多いと思います。

消費者金融への返済日にお金の工面をしていく精神的なストレスから解放されるというのが大きいことではないでしょうか。

しかし総額的に見て消費者金融の一本化をしたからと言って借金が減るということはありません。

借金が減ることはなくても、一緒の額が残る、ひとによっては借金が増えてしまうということもありますから必ずしも消費者金融の一本化で返済が楽になるということはないかも知れませんが件数が減るという事実だけでもかなりの返済に対するストレスは軽減するのではないでしょうか。

消費者金融での一本化をしたことで場合によっては返済が苦しくなったり状態が悪化するという人もいるかも知れませんから、安易に一本化をするのではなくて、やはり消費者金融の一本化はきちんと計画を持ってしっかりと考えたうえで行うのがいいのではないでしょうか。

消費者金融の一本化で最長で7年間で完済できるという銀行のローンがありました。

7年あれば完済できるのであれば、少しくらい返済が苦しくなってもだらだらと消費者金融で高い利息を払い続けてお金を支払っていくことに比べれば着実に返済しているという感じがするというメリットもあります。

消費者金融の一本化が出来たことについては返済できなくなり、自己破産をする人が増えたことから、消費者金融にとっても、利用者にとっても救済措置の一環として消費者金融の一本化というのが、始まりました。

今は色々な銀行や消費者金融などで他社からの借入が多い人を対象にして一本化できる商品が出ていますから自分にあったものを選ぶといいでしょう。

1024-3

消費者金融と担保

消費者金融と担保-即日キャッシングに関する画像

消費者金融の担保というのは、もしも消費者金融から借りたお金を返済することが出来なくなってしまったという場合には、物をで返さなければいけなかったり、その自分が持っている資産を売ってお金を返済しなければいけないことを担保といいます。

実は消費者金融の担保には民放で4つが決められています。

まず一つ目は、留置権と呼ばれるもので、消費者金融の留置権は、債権の弁済がしっかりと受ける時までその資産等を留置することが出来るというものが留置権です。

それは先取特権と呼ばれるものがあります。

こちらは法律に決められている規定のもとで他の債権者よりも先に、弁済が受けられるという特権のようなもので、この中には家や不動産などの担保以外にも消費者金融を利用した人の給料も特権として差し押さえることが出来るようになっています。

そして三つ目は質権というものがあります。

これは消費者金融を利用した債務者から受け取ったものを占有して、その受け取ったものを優先的に債権の弁済に回してもらえるというような権利のことをいいます。

質権の対象はどんなものがなるのかというと、たとえば債権などもその一つとして対象になり、保険金受取請求権も債権の一つとして生命保険などで受け取れるお金なども担保になるということになります。

そして最後の担保は、抵当権と呼ばれるものです。

こちらは債務者の占有を移動することなく不動産などについて優先して弁済を受けられる権利となっています。

消費者金融の担保は、これ以外にも、特別法で決められている担保があったり、判例のもとで許可されている担保などもあります。

判例で許可されている担保というのは、譲渡担保と呼ばれていますし、再び売買するときの予約なども担保に入ります。

消費者金融では、担保付きのローンから無担保ローンまで色々とありますが、できるだけ担保のないローンを選んだほうがいいでしょう。

今現在住んでいる家が持家であった場合には、消費者金融への支払いが困難になった場合は、持ち家を手放さなくてはなりませんから、出ていくことになり住む場所を失います。

消費者金融を利用する際には、十分に担保については理解したうえで利用しましょう。

担保がついている消費者金融のローンは無担保のものに比べると上限の借り入れ額が大きいことが多いですが、自分の必要な金額だけを借り入れるようにして、必要以上の大きな借り入れをしないように注意しましょう。

1024-4

キャッシングと特定調停

キャッシングと特定調停-即日キャッシングに関する画像

キャッシングの特定調停については2000年に特定調停法という法律が施行されました。

これによって申し立ての件数が増えたのですがこれはキャッシングで多重債務をしている人が自己破産をしなくてもいい方法として任意整理と同じような感覚で利用できる制度です。

特定調停は、キャッシングなどで借入をしたお金の返済ができなくなってしまった人に簡易裁判所が間に入ってくれた上で利用している人と会社との間に入って話し合いをつけてくれるという方法です。

利息を減らしたり返済する条件を考えたりするのですが裁判所が入るからといってプロに頼む必要もありませんし、お金も必要というわけではありません。

平日に裁判所にいける人なら利用するメリットはたくさんあるのではないでしょうか。

キャッシングの特定調停をする際のメリットとしては、出資法の金利から利息制限法の金利に計算をし直してもらえますし強制執行の停止が可能です。

プラスして会社とのこれらの話し合いなどはすべて調停委員の人がやってくれますから、同じ交渉にあたる任意整理に比べるとスムーズに話が進むのではないでしょうか。

しかしこのキャッシングの特定調停でもデメリットはあります。

デメリットとしては、特定調停をしてから最長で5年、ほとんどの人が3年で完済しなければいけないことになりますから、あまりにも借入れ額が多いという人の場合にはこの方法は使えないということになるのがデメリットですから自分ができるか調べてみるといいでしょう。

1024-5

借金返済と一本化

借金返済と一本化-即日キャッシングに関する画像

借金返済と一本化についてですが、借金を複数の場所からしているという人も、最近は増えているといわれています。

3?5社の消費者金融から借金をしているために、借金の返済に苦しくなるというケースも多く、自己破産する人も増えています。

消費者金融や銀行にとって、自己破産されるということはとても厄介なことです。

借りたお金を返さない、放棄することになりますから、自己破産されることはとても厄介なことですし損害も大きいとされています。

自己破産されることを防ぐために最近は借金返済の一本化商品が多く出回っています。

借金返済の一本化商品というのは、複数で借入をしている場合に、複数の借入をすべてひとつのところにまとめてしまうという方法です。

おまとめローンという名前で借金返済の一本化を実施している銀行などもあります。

借金返済の一本化をすることで月々の返済額はもしかすると高くなってしまうかもしれませんが、数社に返済するよりも、元金を返済していく率が高くなり、完済への道が開けるのです。

なかなか完済までたどり着けなかったという人も、借金返済の一本化によって、完済への道が開けてきます。

借金返済一本化の商品は複数から借り入れがある人を対象にしたローンですから、それ以外の人は借り入れが出来ません。

借金返済の一本化を行うことで一か所から借り入れることになりますから気分的にも楽になるという人も多いと思いますが、合計した金額が減るわけではありません。

1024-6

借金の任意整理のメリット

借金の任意整理のメリット-即日キャッシングに関する画像

借金の任意整理のメリットは色々とあります。

借金そのものの金額が減ることになります。

そして弁護士や司法書士に依頼することになるので、依頼したときから、債権者から、催促や取り立てがあったという場合には、それがストップするので安心です。

また、依頼してからは、一時的に、借金の返済をしなくてもいいというメリットもあります。

自分で手続きを行うのではないので、面倒な手続きも行う必要がなく、すべてを弁護士や司法書士に依頼することができます。

どこで依頼するのかによっても結果は違っていると思いますが、特定調停の方法と比べると、借金の任意整理を行った方が、借金の額が減るというケースが多いというメリットもあります。

もしも利息制限法で計算をし直したときに、返済しすぎたということが発覚した場合には、任意整理の最中でも、過払い請求をして、払い過ぎた分を還付してもらうことが可能です。

任意整理の借金の返済方法では、裁判所を一切通さずに、弁護士や司法書士と、借金を借りていた先との関係だけに限られますので、金融事故にあった人を掲載する、政府の官報に名前が載る心配もありません。

世間体を気にしている人などにはぴったりです。

また、裁判所を通じていないこともあり、特定調停の場合には、何度も裁判所に自分で足を運ばなくてはいけませんでしたが、いかなくてもいいというメリットもあるので、時間的に都合をつけていく必要がないメリットもあります。

1024-7

ローン(借り換え)

ローン(借り換え)-即日キャッシングに関する画像

住宅ローンを借りていると一度は考えるのが借り替えです。

住宅ローンの業界も時代とともに変化していきます。

一度決めたことを頑なに守るだけでなく柔軟な発想で対応するのが長期にわたる住宅ローンへの対応の仕方です。

まず自分の住宅ローンが借り替えができるかどうかチェックする必要があります。

公的機関のローンは借り替えができませんし、銀行によっても借り替えを認めていないケースもあります。

「借り換え」は今までの金利より低い金利に変えることによる支払い利息を減らすことがメリットです。

しかしデメリットもあります。

「借り換え」と言いましても結局はまた新たにローンを組むことですので諸経費がかかります。

ローン契約書印紙代や事務手数料、登記費用などこれらのコストも考えて「借り換え」の是非を考えなければなりません。

例えば金利4%で借入3,000万円、期間30年の場合、5年過ぎた時点で金利3%のローンに借り替えたなら年間返済額は約17万円減ります。

返済総額ですと諸費用を差し引いても約364万円軽減効果があります。

一般に借り替えは、金利差が大きく残りの返済期間が長いほど効果がある、と言われています。

是非、考えてみましょう。

注意する点は担保評価が担保割れしている場合は借り替えができないことが多いのでそうしたことも考慮に入れる必要があります。

1024-8

住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済-即日キャッシングに関する画像

住宅ローンの繰り上げ返済を紹介していきたいと思いますが、住宅ローンの繰り上げ返済というのはなんだかご存知でしょうか?住宅ローンは毎月支払っていくものですがある程度のお金が貯まったら住宅ローンの繰り上げ返済をすることで住宅ローンの将来的な支払の利息が減るというものです。

もしも手持ちの余裕の資金があるという場合には、貯蓄は今金利がほとんど増えませんからもったいないですから、ためるなら将来の返済に回すということから住宅ローンの繰り上げ返済を考えていくといいのではないでしょうか。

住宅ローンの繰り上げ返済といっても種類があって、住宅ローンの繰り上げ返済の中には、全部を返済期間の途中で返してしまうという全部繰り上げ返済というのがありますし、残っている住宅ローンの一部を返済するという一部繰り上げ返済という方法があります。

住宅ローンの繰り上げ返済でよく利用されているのは、一部繰り上げ返済ではないでしょうか。

繰り上げ返済をすれば住宅ローンの残高が減りますし、支払う利息を減らすことができるメリットがありますが、デメリットもあります。

住宅ローンの繰り上げ返済をする際には手数料が3万円位かかってしまいますし、貯金が減ってしまうことになりますから給料が減ってしまったら家計への負担になります。

1024-9

ローン(サラ金)

ローン(サラ金)-即日キャッシングに関する画像

最近はあまり使われなくなりました言葉「サラリーマン金融」。

マスコミなどでは略して「サラ金」と言っていました。

現在は「消費者金融」と言っています。

名前は変わっても内容は「キャッシングローン」です。

つまり無担保でお金を貸してくれる金融商品です。

「サラ金」という表現は<高利>または<恐い取り立て>といった悪い印象を与えますが、「消費者金融」は<庶民の味方>といった印象があります。

実際、消費者金融はサラ金時代に比べ<借りやすく><低利>となってきました。

しかし、一部の業者に悪徳業者もいますので利用する消費者ローン業者が<安心かつ安全な業者>であるか、しっかりと見極める必要はあります。

「無担保ローン」ですから「住宅ローン」などより金利は高めになっていますが、ローン会社側のリスクを考えるなら当然です。

ローンの利用者はこうしたことを考えてうまく活用しましょう。

かつては銀行などは「手間がかかる割りに儲からない」「リスクを恐れる」あまり消費者ローンの世界に足を踏み入れませんでした。

最近になり少しずつ進出するようになってきました。

「安心安全な消費者ローンを利用したい」と思っている方は消費者ローン会社のうしろに控えている金融機関を参考にするのも選択法の一つです。

1024-10

消費者金融のキャッシングのメリットデメリット

消費者金融のキャッシングのメリットデメリット-即日キャッシングに関する画像

消費者金融のキャッシングのメリットについて紹介したいと思います。

消費者金融のキャッシングのメリットは、銀行系のキャッシングや信販系のキャッシングに比べると、申し込んでから融資をしてもらえるまでの時間が早いということです。

銀行系のキャッシングや信販系のキャッシングの場合には1週間以上審査に時間がかかるのですが、消費者金融のキャッシングの場合には、大体申し込んでから数時間で融資をしてもらえます。

ですからすぐにお金が必要な人にとっては消費者金融のキャッシングは強い味方といえると思います。

また消費者金融のメリットとして、返済する日を自由に決めることができるのが目一途の一つです。

また、消費者記入の金利は返済を早く済ませてしまえば金利が安くなるというのも、他の金融機関ではないサービスです。

消費者金融のメリットとして、信頼できる人には上限の額が上がりやすいのもいえると思います。

消費者金融のキャッシングでは早くきちんと借りたお金を返せば実績が詰まれて、融資の金額を上げることができるといわれています。

消費者金融のデメリットとしては他のキャッシングの会社の中でも、金利が高いということです。

金利がとても高いのが最大のデメリットといえると思います。

  

 

⇒プロミス

プロミス